THE THORの評判を正直にレビュー【こんな人にはおすすめしない】

THE THOR使ってみたいけど、良いとこしか書かない記事ばかり。正直な評判が聞きたいのに…。

このような方のため、当ブログにてTHE THORを使用した感想・評判を客観的にレビューします。

ネタバレしてしまうと、THE THORは誰にでもおすすめできるWordPressテーマではありません。

しかし、それでも当ブログがWordPressテーマをJINからTHE THORに変更した理由も説明します。

この記事の信頼性2019年10月にブログでご飯食べられるようになり、その経験を生かして、現在はYoutubeにてブログで稼ぐノウハウを発信中。

THE THORとは?

FITというWEBサイト制作・マーケティング会社が2018年10月16日にリリースしたWordPressテーマ。

2019年くらいから話題で、メリットを強調する記事が増えてきたように思います。

自分がWordPressテーマを選ぶ立場なら、メリット・デメリット両方を客観的に評価する記事を参考にします。

そのため、この記事を書きました。

実際、使ってみてどうだった?

以前はJINを使っていたのですが、THE THORに変えたら良いところ・良くないところが見えてきました。

まずは、デメリットから紹介します。

筆者が使って分かったTHE THORのデメリット

  1. カスタマイズ画面が分かりにくい
  2. CSSが部分的におかしい
  3. マニュアルはあるが、痒いところに手が届かない
  4. 参考サイトがTHE THORのデメリットについて書いてない

1つずつ解説していきます。

①カスタマイズ画面が分かりにくい

カスタマイズ画面とは、WordPressの「外観→カスタマイズ」をクリックして出てくる画面。

ここでサイトのデザインや細かい設定をいじるので、そこそこ重要な設定です。
なんか、難しい用語がたくさんあるね…。

用語はググれば分かるので大丈夫です。

しかし問題は「この設定を変更したい!」と思っても、どこをいじれば良いか迷ってしまうこと。

筆者が以前使っていたJINはもう少し分かりやすかったような気がします。

まあ、慣れてくれば問題ないのですが、ブログ初心者にとっては困惑するかも…と思いデメリット。

解決法:サポートマニュアル・先人のサイトを見る

カスタマイズ画面で迷ったときは、THE THORのサポートマニュアルを開けば7割解決します。

また、分からないことはググればTHE THORの先輩たちが分かりやすく解説してくれています。

なので、正直カスタマイズ画面の分かりにくさは、そこまで大きなデメリットではないです。

②CSSが部分的におかしい

上は、THE THORを使用している当サイトの引用ボックス。

謎のスペースが生まれてしまいます…。

このようなデザイン面のちょっとした変なところが、THE THORを使っているとたまに出てきます。

原因はなんなの?

原因はCSSの微妙なズレです。

上の画像をみると分かる通り、引用ボックスの下側に47.52pxものmarginが入ってしまいます。

以前使っていたJINではこのようなことは無かったので、THE THORの不便なところだとは思います。

しかし、実はこのようなCSSの問題は簡単に解決可能。

引用ボックスの無駄な余白も、以下のように修正できました🎉

美しく・おしゃれで・洗練されたデザイナーズサイトがワンクリックで完成

ザ・トールは、美しく・おしゃれで・洗練されたデザインのサイトを誰でも簡単に作れる「国内トップクラスのデザイナーズテーマ」です。

引用:THE THOR公式ホームページ

CSSの問題解決法

結論、追加CSSに修正するコードを入れれば大丈夫。

例えば、先ほどの引用ボックスの場合…

上の文字を追加CSSに入れれば、即解決できます。

THE THORでたまに発生するCSSの問題はこのような調整で全て解決できるので、安心してください。

しかし、追加CSSを使いすぎると、ページの読み込み速度が遅くなるデメリットがあります。ほどほどに。

③マニュアルはあるが、痒いところに手が届かない

THE THORには購入者限定で公式マニュアルが配布されます。

  • 初期設定
  • カスタマイザーの使い方
  • コンテンツ制作方法
  • おすすめプラグイン
  • 非推奨プラグイン
  • Q&A

マニュアルには上の項目があり、100ページ以上のサポート記事があります。

たくさんあるし、十分なのでは?

いえ、これが微妙に助からない…。

もちろん、解決できる問題はたくさんあります。全体の7割はこのマニュアルで解決できます。

しかし、残りの3割、具体的な問題になればなるほど書かれていません。

正直言うと、これは他のWordPressテーマも同様。どんなテーマでも、マニュアルでほとんどの問題が解決できるかというと、そんなことはないです。

THE THORのデメリット!というよりか、WordPressテーマの全体的なデメリットかも。

ただ「マニュアルに書かれていないから諦めよう…」と思うのはもったいなく、これも解決法があります。

マニュアルに書いてない問題の解決法

結論、ググれば大丈夫。

THE THORの先人が分かりやすい記事を書いてくれています。

正直、マニュアルで分からなかった3割の問題は、30分ほどググって解説記事を見れば解決できることばかりでした。

④参考サイトがTHE THORのデメリットについて書いてない

ここまでのデメリットは解決可能なものばかりでしたが、この問題はどうしようもない。

というか、THE THOR自体の問題ではないですね笑。

しかし、ブログを運営していく中でこの問題は地味にデカい。

例えば「THE THOR 評判」「THE THOR レビュー」と検索してみてください。当記事ほど具体的なデメリットについて話している記事は1記事くらいでは?

ブログ初心者にとっては特に、情報の真偽を見極めにくいからこそ客観的・正直なレビューが大事です。

ここからはTHE THORのメリットを書いていきますが、ここも「正直・客観性」を大事にレビューしていきます。

筆者が使って分かったTHE THORのメリット

  1. デザインの自由度が高い(着せ替えできる)
  2. WordPressテーマに必要なSEO対策は完備
  3. ページの表示速度が鬼速い
  4. 標準機能が多いためプラグインを減らせる
  5. 複数サイトに使用可能

1つずつ解説しますね。

①デザインの自由度が高い(着せ替えできる)

デメリットとして「カスタマイズ画面が分かりにくい」と書きましたが、逆に考えるとそれだけデザインの選択肢が多いということ。

例えば…

  • 最初から良さげなボタンのテンプレートがある
  • 最初からお洒落な見出しのテンプレートがある
  • 最初から様々なデザインのボックスがある

少し紹介しますね。

THE THORのボタンテンプレート

こんな
感じの
ボタンが
10種類あるよ

しかも、ボタンのデザインは自由に編集できるので、自分好みのものが作れますね。

THE THORの見出しテンプレート

見出しのデザインは全部で50種類以上もあるので、プラグインがなくても理想のデザインにできると思います。

THE THORのデザインボックス

シンプルめのボックスですね。
しかし、ブログが見やすくなるものばかり。
また、ボックスデザインも自力で変更可能。
カスタマイズ画面から入れることができます。
なお、当ブログは「超シンプル」に仕上げているので、他のTHE THORを使ったブログを見た方が参考になるかも。

参考:【THE THOR】を使用しているブログサイト例【50サイト】

吹き出し
今僕がしゃべっている、吹き出しもいい感じに作れるんだね。

そうですね。当ブログがよく使っている吹き出しも簡単に作れます。

さらに、THE THORはデザインテンプレートが複数あるんです。

THE THORのデモサイト(着せ替え可能)

サクッと効果的なアフィリエイトブログのデザインにしたい」というニーズを簡単に叶えてくれます。

  • 他のサイトとデザインが被りたくない
  • 手っ取り早く良さげなデザインにしたい
  • デザイン経験なしでも綺麗なサイトにしたい

この辺りを叶えるWordPressテンプレートが欲しい方にとっては、THE THORおすすめ。

>>THE THORの公式サイトへアクセス

②WordPressテーマに必要なSEO対策は完備

THE THORはWordPressテーマに期待されているSEO対策が一通り入っています。

  • タグの適切な管理
  • 構造化マークアップ
  • Google推奨の最新技術PWA
  • 高速表示に貢献する数々の機能

※「高速表示に貢献する数々の機能」は次の見出しで解説します。

タグの適切な管理

タグとは、タイトルタグ・H1・H2・H3等のこと。SEOの対象でもあり重要。

しかし、多くのWordPressテーマではH1タグとタイトルタグを管理画面で別に設定できません。

H1とタイトルタグは別の方がいいの?

いえ、同じでもSEOに影響はないです。

タイトルは検索画面を見たユーザーに表示されるタグ、H1は記事を開いて一番上に表示されるタグなので、基本同じ。

しかし、タイトルにはサイト名を付ける場合がありますが、H1にはサイト名を付ける必要はないため、区別したいサイトもあるはず。

その意味で、これら2つを設定できるTHE THORは便利。また、以下も可能です。

  • meta descriptionの設定
  • meta robotの設定
  • カテゴリページにもタグ設定可能

構造化マークアップ

構造化マークアップとは、ブログのデータを検索エンジンに評価されるよう構造化したもの。

例えば…

このように構造化マークアップすることで、検索画面に置かれるリンクが増えてクリック率が上がります。

THE THORにはこの機能がついています。

Google推奨の最新技術PWA

PWAとは、サイトにアプリのような機能を追加したもの。

通常のサイトでは…

このように、ホーム画面に置いたサイトはブラウザで表示されます。

しかし、PWAを搭載したサイトでは…

このように、アプリのような画面で表示されるのがPWA機能があるサイト。

  1. 表示速度の大幅向上
  2. オフラインでも表示可能
  3. サイトへのアクセス数が増加

PWAを搭載することによる、3つのメリットがあり、これもTHE THORについている機能。

ちなみに、PWAが搭載されている国内のテーマはTHE THOR含め片手で数えるほどしかありません。

高速表示に貢献する数々の機能

すいません、ここは次の見出しで解説します。

なお、THE THORのSEO対策は以下の記事でさらに詳しく解説しました。

参考:THE THORのSEO対策を専門家がレビュー【アクセス改善に効果ある?】

③ページの表示速度が鬼速い

当ブログは、以前JINというWordPressテーマを使っていましたが、THE THORにして表示速度が上がりました。

でも、そんなに表示速度が上がることが大事?

めちゃ大事です。

なぜなら、表示速度が2秒下がるだけで50%ものユーザーが離脱してしまうから。

参考:サイト表示が2秒遅いだけで直帰率は50%増加! DeNA事例から学ぶWebの自動最適化手法 | 日本ラドウェア

これを放置してしまったら、実質的なアクセス数は半減…。当然ブログの収益も激減してしまいます。

ちなみに、THE THORを使っている当ブログの表示速度は1秒です。

JINからTHE THORに変えたことで0.7秒速くなったので、速度は個人的に満足しています。

>>THE THORの公式サイトへアクセス

④標準機能が多いためプラグインを減らせる

ここまで見てくださった方はお分かりの通り、THE THORは多機能なWordPressテーマです。

多機能すぎるゆえ、カスタマイズが忙しいのがたまに傷ですが…。

しかし、多機能なことによって別な観点でメリットがあり、それがプラグインを減らせるということ。

例えば…

  • 目次プラグイン
  • 画像遅延プラグイン
  • All in One SEO Pack
  • キャッシュ系プラグイン
  • PWA機能のプラグイン
  • AMP機能のプラグイン
  • タグの最適化プラグイン
  • CTAエリア作成プラグイン
  • お問い合わせフォームプラグイン

この他にも、デザイン系のプラグインはほとんど必要ないので、10個以上のプラグインを節約できるテーマだと思います。

事実、JINに使っていたプラグインは7個削除しており、それでもブログ運営に十分な質を保ってくれています。

そして、これだけのプラグインが減らせると、サイトが軽くなり表示速度がさらに上がります。

⑤複数サイトに使用可能

THE THORは一度購入すれば、何個でもブログにインストールできます。

THE THORのマニュアルサイトから引用

また、THE THOR公式ホームページには以下のように書かれています。

「ザ・トール」は、一度購入したら、ずっと使い続けられるテーマです。

ザ・トールは、バージョンアップ・機能追加・機能改善を繰り返す「成長・進化し続けるテーマ」です。
一度購入すれば、その後のバージョンアップ・機能追加改善など、すべて無料で受けられます。

引用:THE THOR公式ホームページ

筆者はブロガー・アフィリエイターとして活動していきたいので、この点は大きなメリットでした。

THE THORはこんな人におすすめしない

  1. カスタマイズ画面はシンプルがいい
  2. 収益化・アクセスUPにこだわりがない
  3. 無料でブログ運営したい初心者の方

なぜ、このような人にはおすすめしないのかというと、別なWordPressテーマの方が合っているからです。

カスタマイズ画面はシンプルがいい
AFFINGER5の方が合っている

収益化・アクセスUPにこだわりがない
→無料WordPressテーマの方が合っている

無料でブログ運営したい初心者の方
→無料WordPressテーマの方が合っている

このような方は、別なテーマを選んだ方が楽しくブログ運営できると思います。

しかし、以下の特徴がある方はTHE THORとてもおすすめ。

THE THORはこんな人におすすめ

  1. ブログ収益につながるテーマがいい
  2. ブログを自分好みのデザインにしたい
  3. WordPressテーマによってSEOで損したくない

なぜ、この特徴のある方にTHE THORがおすすめなのかというと…

ブログ収益につながるテーマがいい
→THE THORにはアクセスUP、収益システムが備わっている

ブログを自分好みのデザインにしたい
→THE THORはデザインの自由度が高く、好みのデザインにできるはず

WordPressテーマによってSEOで損したくない
→THE THORのSEO対策は、他のテーマ以上の質がある

でも、肝心の値段は高いのでは?

正直、安くはないですね。

THE THORの値段

通常価格は14,800円です。

しかし、2020年10月31日まで12,800円と割引されているようです。

個人的には「複数サイトに使える+機能が満足できそう」という観点から購入し、満足しております。

ここまで見て、THE THORを使ってみようと思った方は以下へお進みください。

THE THORを使うまでの流れ

  1. THE THOR公式ホームページにアクセス
  2. 「テーマをダウンロード」をクリック
  3. 「カードで購入する」をクリック
  4. カード情報を入れ、完了

こんな感じで、1分で完了します。

①THE THOR公式ホームページにアクセス

>>THE THORへアクセス

※クリックすると、公式サイトへ飛びます

②「テーマをダウンロード」をクリック

上の画像の…

このようなボタンをクリックしましょう。

③「カードで購入する」をクリック

※カード決済以外の方法で購入する場合は、画像下部の「こちら」をクリックしましょう。

次に「カードで購入する」ボタンを押します。

カード情報を入れ、完了

  • メールアドレス
  • カード番号
  • クレジットカードの有効期限(月/年)
  • 確認コード(CVC)

上記を入力し「¥14,080を支払う」をクリック

なお、キャンペーン期間内での購入であれば、12,800円ですので安心してください。

これで、THE THORの購入は完了です。

まとめ:THE THORの評判

筆者が使ってわかったTHE THORのデメリット

  1. カスタマイズ画面が分かりにくい
  2. CSSが部分的におかしい
  3. マニュアルはあるが、痒いところに手が届かない
  4. 参考サイトがTHE THORのデメリットについて書いていない

筆者が使ってわかったTHE THORのメリット

  1. デザインの自由度が高い(着せ替えできる)
  2. WordPressテーマに必要なSEO対策は完備
  3. ページの表示速度が鬼速い
  4. 標準機能が多いためプラグインを減らせる
  5. 複数サイトに使用可能

THE THORの全体的な評判を一言でいうと「ちょいちょい不便だが、WordPressテーマに必要な機能は期待以上」といった感じでしょうか。

個人的には、今まで使ってきたどのテーマよりもよかったです。

今回は以上です。